お肉屋さんが教えるステーキの焼き方

お肉屋さんのヒ・ミ・ツ

すみません…!実は秘密でもなんでもありません。

50年肉屋をやっていた父から直伝の焼き方のコツをお教えしたいと思います。肉へのこだわりがすごかったので、焼き方にもこだわりがありました。

焼く前の和牛ステーキ

せっかくなので、その方法を共有できればと思い書き留めてみたいと思います。

どうせならお肉を美味しく食べたいですよね。

味付け、準備、それから焼き方と分けてご説明します!どうぞお付き合いください。

味付け編

いろいろな料理方法が世の中には出回っていますが、本当に素材がよいものは塩・黒コショウだけで大丈夫です。臭みが強めのものは、お酒(ワインや料理酒)を使って臭みを消すことが出来ます。

肉本来の味を楽しむのであれば、塩・黒コショウだけでチャレンジしてみてください。

臭みや肉質の柔らかさや固ささえもすべてがそのお肉の良さです。

Simple is the best(シンプル イズ ベスト)です。これに尽きます!

準備編

冷凍されていても、一定の温度で解凍すればドリップと言われるうま味が詰まった肉汁が出ることをできる限り防ぐことが出来ます。冷凍のお肉は、焼く前日から冷蔵庫にうつしてゆっくり時間をかけて解凍してください。

電子レンジは使わないでください。急激な温度の変化にうま味が逃げてしまいます。

ドリップ
 
うま味がドリップと一緒に出てしまいます

お肉屋さんでは、「解凍庫」と呼ばれる機材があります。

これは一定の温度でゆーっくりじっくりうま味を熟成させられるうれしい効果があるものなんです。ワインを一定の温度で保管しておけるワインセラーみたいなものでしょうか。ご自宅でも一定の温度管理下で解凍すれば、同じような効果を期待できます!

時間はかかりますが、そのお肉の本来の味を味わうことが出来ますので、是非試してみてくださいね。

いよいよ焼いてみよう!

とにかくはじめは肉の表面をカリッと焼き色を入れるために、フライパンをアツアツにしておきます。強火で準備してくださいね。できれば熱伝導のいい鉄製のフライパンを使うとなお良しですが、なんでも大丈夫です。

油をまんべんなくフライパンに入れて、油が水のようにさらさらとした質感になれば十分に温まっています。そこで火を中火にします。

いよいよお肉を投入です!

カリッとさせるため、片面によく焼き色を付けます。この時にキッチンペーパーで余分な油と脂をふき取ります。フライパンを斜めにして、あぶらを片方に寄せます。そこをペーパーでふきふきしてください。こうするとカリッと仕上がります。

焼き色がついたらひっくり返します。肉をあまり触らず、よく観察してみてください。表面に肉汁がじわーっと出てきます。中に火が通ってきているサインなんだそうです。(父いわく‥)

もう少し観察を続けます。

肉汁が赤い色から透明になる瞬間があります。

こ こ が 重 要 で す (父いわく)

透明な液体が出てくると、中が焼けたサインだそうです。これで焼き上がり!

是非試してみてくださいね!

 
焼き上げた和牛ステーキ
にんにくと一緒にしてみました。こんな感じで焼きあがりましたが、どうでしょうか?お父さん

今回は和牛ステーキを焼いてみましたが、ほかのお肉でも是非お試しくださいね!

よ~~~~く観察することが大切…らしいです。笑

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top