子供たちにも大人気 シュニッツェル

シュ、シュニッツェル?

あまり日本では馴染みがないような気がします。言いにくいし。苦笑

このシュニッツェルというのは、ドイツやオーストリアやオランダでよく食べられるカツレツの事なんですね~。日本ではおなじみのヴィーナーシュニッツェルは、オーストリアのウィーンで食べられる仔牛のカツレツなんです。ドイツ語ではWiener Schnitzelと書きます。Wienというのがウィーンで、ウィーンのカツレツってことなんですね。

余談ですが、フランクフルトというソーセージもありますが、これはドイツのフランクフルトのソーセージということなんだそうです。ドイツ語では街のフランクフルトと言わずに、Frankfurter(フランクフルター)と言います。フランクフルトのフランクフルトという事ですね。ややこしいですね。笑

シュニッツェルに話を戻しますが、仔牛だけでなく、豚肉や時には鶏肉を使います。

いろいろなシュニッツェル

ドイツのシュニッツェル

Wiener schnitzelやschnitzel vom Schweinやschnitzel von der Pute等、それぞれ仔牛のシュニッツェル、豚肉のシュニッツェル、七面鳥のシュニッツェル…いろいろあります。しかも、どの肉を使っているか表記をしないといけないルールがオーストリアではあるとかないとか。お隣のドイツでもきっと同じです。さらにさらに、カツレツにかけるソースによっては、Jägerschnitzel(狩人風シュニッツェル。グレービーを生クリームで溶いた濃厚クリームソースがスライスしたマッシュルームが入ったソースかけのカツレツです)と呼ばれるものもあります。

シュニッツェルにかける情熱と心意気を感じます。

ドイツには、ビールと呼ぶには使う原材料が4つだけって決められているってご存じでしたか?これはほんの一例で、製品や品物のばらつきがないようにドイツ語圏の人々はルールや法律に基づいて作っています。だから、シュニッツェルもどのお店で食べても、同じで期待を裏切られません!

だいたい付け合わせはサラダとフライドポテトが多いですが、現地の子供たちがシュニッツェルが好きだからだと思います。もちろんゆでたジャガイモに変えることも可能です。

豚ロース

日本のとんかつじゃない?

とんかつじゃないんです。

大きな違いは、揚げない事です。注文を受けてから、お肉を専用の器具でバンバン叩いてのばします。あとは小麦粉・溶き卵・パン粉の順番につけます。この工程は日本のとんかつと一緒ですね。ただパン粉は日本のものよりも細かくてドライです。古くなったパンをフードプロセッサーで砕いて作っていたりします。ドイツパンは固いので、日本のようなふわふわな感じではなく、パン粉も質実剛健な感じです。

さて、パン粉までまぶしたらあとは最大の違いの工程です。

なんとフライパンで1cm位の深さの少なめ?多め?の油で焼くのです!!そう、焼くのです!焼くので、中まで火が通りやすいようにお肉を叩いて薄くするのですね。

子供だけじゃない!大人も好き

ドイツミュンヘンのオクトーバーフェスト会場

毎年9月の最後の週末から3週間、南ドイツのミュンヘンではビールの祭典オクトーバーフェストが開催されます。毎年大きなテントが設営されて、中は大混雑です。バイエルン地方の民族衣装に身を包み、マス(mass)と呼ばれる1リットルのグラスでビールを楽しみます。ここでもシュニッツェルは食事として提供されています。

子供だけではなく、大人にも人気のシュニッツェル。いつもと違う豚肉を楽しんでみませんか?

 

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top