秋じゃなくても鍋ってサイコー!

気温の低下と日本の文化との密な関係?

鍋の歴史は古く、調理をするための道具としての鍋は縄文時代や弥生時代からあるそうです。
今のスタイルになったのは、比較的最近で江戸時代の後期から明治の初期とも言われているそうです。
江戸時代には長屋という狭い家に集団で住んでいたので、持ち運びできる七輪を置いて鍋を囲ったのが始まりだと考えられているそうです。

 
さんまと七輪
七輪とさんま

もちろん当時の家は断熱材なんて入れてませんでしたから、寒かったと思います。七輪を囲んで温かいものを食べて暖をとっていたのではないでしょうか。

これもまた昔の日本の知恵かもしれません。

鍋料理のいま

日本文化の良いところは、新しいものへ抵抗が少ないこと、外国のいいところを取り入れられることだと思います。
日本文化は実はとっても柔軟なんです。

鍋料理にもいろいろな国の良いところが取り入れられているのがいまの鍋料理です。
例えば、

  • キムチたっぷり キムチ鍋(韓国料理)
  • 白ネギと白菜で薬膳にも チゲ鍋(韓国料理)
  • 豆腐たっぷりヘルシー スンドゥブ鍋(韓国料理)
  • 魚介たっぷりのトマトベース ブイヤベース鍋(フランス風)
  • インドカレー風スパイスたっぷり カレー鍋(インド風)
  • 世界三大スープともいわれる海鮮スープ トムヤムクン鍋(タイ風)
    などなど


日本の鍋料理でも、水炊き、味噌、しょうゆ、塩、豆乳、もつ、すき焼き…数えきれないほどのバリエーションがありますね。

入れる具材もさまざま。肉や魚、野菜、きのこ‥組み合わせは無限大です!

鍋料理のいいところ

とにかく組み合わせの自由度が高い、実は手間が掛からなくて簡単、野菜などをたくさん効率的に食べられること、みんなで食卓を囲めるところでしょうか。

しゃぶしゃぶ

冬のホームパーティで活躍できそうです!
家族や友人と鍋を囲めば、会話も盛り上がって楽しい時間を過ごせそうです。

片付けも楽ちんですので、ホームパーティの場にはむいていそうです。

次にthe niku boxがおすすめするお肉たちをご紹介します!

鍋にもおすすめしたいお肉たち

牛肉だったら、絶対これがおすすめデス!
和牛の美味しさは外れはありません。しかも肩は味わい深く、じわじわ人気が出ています。

A3和牛肩ロースしゃぶしゃぶ・すき焼き用1kg

豚肉だったら、こちら!
4ミリ厚なので、通常のしゃぶしゃぶやすき焼き用よりも2倍くらいの厚さです…が、臭みがなくてほんのり甘くて極上の味わいです。食べやすい幅に切って鍋に入れてください!

脂身も甘くておいしい~!アクが出ない不思議な豚肉デス!!

 

和豚もちぶたバラスライス(4mm) 1kg

鶏鍋にするのであれば、こちらはいかがでしょうか?
東北のこだわりの鶏です。
1枚1枚が大きくて厚みもあるとっても立派なトリモモです。
1枚300g~400gです。ぶつ切りにしてお楽しみください!

 

国産 東北の銘柄鶏トリモモ 2kg入り

秋じゃなくても、鍋でホムパ(ホームパーティ)しませんか???

 

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top