絶大なる美味しさ US産リブロース

リブロースとは

ステーキを取り扱っているお店だったり、レストランでよく聞くリブロース。部位はどこなの!?と思った事はありませんか?

お肉好きな皆さまはリブロースなんてどの部位かもう知っている…!そんな声が聞こえてきそうですが、改めてご紹介させてください。

ビーフには部位によって様々な名前が付けられています。今は値段が高騰してしまっていますが、誰もが一度は食べたことのある牛バラはPlate(プレート、ショートプレート)なんて呼ばれたりします。おなかの部分です。

牛の部位
 
牛のど真ん中RIB(リブ)です!

その上の部分がリブ(肋骨という意味)になります。肋骨に囲まれた部位の中でも柔らかいロース、それがリブロースなのです。

美味しさの秘密

アメリカ産のビーフは穀物飼育が最大の特徴です。

一方、オーストラリア産ビーフは牧草飼育が特徴です。牧草飼育は独特の香りが強く出ます。それは草のさわやかな香りなのですが、苦手な方もいらっしゃると思います。肉本来の味と言っても過言ではないでしょう。

そんな草の香りややや引き締まった肉質が苦手だったと言われる日本人に受け入れやすいビーフを生産しているのがステーキ大国のアメリカなのです。

ステーキ大国AMERICA
 
ステーキ大国 USA!

アメリカには独自の等級システム(グレード)があるってご存じでしたか?

アメリカ農務省が定める選考基準があって、厳しい審査を通ったビーフだけがその等級(グレード)を付けることができるんです。

何か聞いたことがありませんか?日本の和牛と同じです。実はアメリカの方が先に始めた制度なんですね。

1917年に開始した制度で、市場で消費者から求められる肉質はどんなものなのか?その値段は適正なのか図るために始まったと言われています。その等級(グレード)は多岐に渡ります。

  • PRIME(プライム)
  • CHOICE(チョイス)
  • SELECT(セレクト)
  • STANDARD(スタンダード)
  • COMMERCIAL(コマーシャル)
  • UTILITY(ユーティリティー)
  • CUTTER(カッター)
  • CANNER(カナー)

いろいろありますよね。

その中でも日本で流通しているのは、上位2位までの等級(グレード)です。

つまりPRIME(プライム)とCHOICE(チョイス)なんですね。

特にCHOICE(チョイス)は柔らかい肉質と臭みのない仕上がりが好評で、日本人にも大変馴染みやすいと大人気です。

美味しい楽しみ方

美味しい理由が分かったところで、美味しい楽しみ方もご紹介させていただきます!

単刀直入に。。。とにかく焼いてみてください。肉本来の味を最大限に楽しむことができます!

ステーキとして楽しむことが一番おすすめです。ステーキとしては、シンプルに塩と黒コショウのみの味付けで十分です。リブロース自体が美味しいので、シンプルな味付けで美味しくなります。ただ、塩と黒コショウは多めに振りかけて時間を置くとより美味しくなる…気がします。

リブロース調理例

味付けしたら、フライパンを熱して、躊躇なくたっぷりの油をしいてステーキを投入してください。両面にしっかり焼き色を付けてうま味をとじこめてください。

プロは、お肉の中心を触るだけでその焼き加減がわかってしまうと言います。実際はなかなか難しですよね。お肉の中心を軽く押して、赤い肉汁が出てくるようであればレア。少ししか出ないのであればミディアム。指が押し返されるようであれば、ウェルダン…という風に観察してみるのもオススメです!

ご自身の焼き方を模索してみてください。結構楽しいです!

実際に味わってみませんか?

実はthe niku boxでもUS産リブロースのステーキカットの取り扱いをしています。

こちらのステーキカットはCHOICE(チョイスグレード)ですので、日本人にも大変馴染みやすいと好評です。ミートショックの影響で入手しづらいお肉ですが、独自のルートで仕入れています。

もしよければご家庭でも試してみませんか?

どなたでもご満足いただけるよう大きめサイズの300gカットです。

是非お試しください!スタッフ一同お待ち申し上げております。

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top