イタァリアの味 ドルチェポルコ肩ロース

美食の国 イタァリア(イタリア)

すみません、頭からふざけております。
イタァリア(アクセントは「タァ」でお願いします)では、とにかくこだわります。
イタリア人が身に着けるものや持つもの家の細部に至るまで、とにかくこだわります。

食材も例外ではありません。
一言ではすごいとしか言いようがありません。

イタリアでは市場やパン屋、チーズ屋、肉屋、魚屋に至るまで、その分野のプロと話しながら買い物をすることを非常に楽しんでいます。

イタリアでも日本のように子供のうちから食べ物の知識を教える「食育」が盛んな印象でした。
ですので、このチーズはどこで生産されていて、どうやって食べたら美味しいか。合うワインはこういうものだ!という意見を持っています。

私たち日本人も同じですね。食べるものについて、良く知っていると思います。
せっかくなら美味しく頂きたいですものね。

イタリアのマーケットで

イタァリア(イタリア)のドルチェポルコって?

ドルチェとは「甘美な」という意味があるそうです。
デザートもドルチェですが、同じみたいです。女性への誉め言葉としても使うこともあるみたいです。

ポルコとは「豚」です。
大切に大切に育てた豚の事をドルチェポルコとして販売しているそうです。

このドルチェポルコは生ハムで有名なパルマハムの産地のパルマの北、クレモナ地方で飼育されています。
クレモナは実は楽器の聖地で、バイオリンづくりがとても盛んなんです。あのアントニオ・ストラスディバリも暮らした街なのだそうです。

16世紀から、クレモナは楽器製造の中心として名高くなった。これはヴァイオリン製造のアマティ家(アマーティ)に始まり、後にヴァイオリン製造のグァルネリ家(ガルネリ)、アントニオ・ストラディバリの店がこれに含まれた。

ウィキペディアより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%8A
イタリアクレモナの街並み

適度に乾燥した空気が楽器作りにもハムづくりにもいいそうです。

ドルチェポルコのお味

肉質の特徴は、脂肪の融点が低く、口どけの良い脂が特徴だと言われています。
味は脂の旨みがあったコクがあって味に深みがあります。
チーズとの相性は抜群で、さすがイタリア産と舌を巻いちゃいます!
きっとパスタとも相性はいいはず・・!

詳しい説明やレシピを紹介しているサイトがありますので、ご紹介させていただきます。

https://www.nipponham.co.jp/products/dolceporco/

the niku boxでは肩ロースを取り扱っています。
是非イタァリアの味を試してみてくださいね!

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top