お酒のお供? トントロ(豚トロ)

トントロ(豚トロ)ってなになに?

突然ですが、トントロ(豚トロ)って聞いたことがあるけど、一体何のことなの?そうお考えの方は多いのではないでしょうか?ちょっと昔にはあまり聞いたことがありませんでしたが、今は様々な場所で耳にします。特に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんのメニューで見かけることがありますよね。稀にラーメン屋さんでもチャーシューの代わりにご飯の上に乗って提供されたりします。

じゃあ一体何なのよ?これは、豚さんの頬からネックにかけてある部位の事なんですね~。1頭から300g~500gしか取れない希少価値の高いものになります。スーパーさんではあまり見かけないのは、この理由からなんですね。なぜトロという名前が付いたのか。由来はとても興味深いものでした。

トントロ
 
トントロのかたまりです。こんな感じです。

実はマグロと同じ理由でした。笑

脂がトロッとしていておいしそうなので、トントロ(豚トロ)という名前が付いたそうです。30年位前に北海道の焼肉屋さんで提供されたことが始まりと言われているそうです。見た目はピンク色。赤身と脂がきれいなシマシマを作ります。一見脂っこいように見えますが、食べると実はさっぱり、歯ごたえもサクサクでクセになっちゃいますよ~。

トントロとの相性の良いもの…♡

そして、焼肉屋さんや焼き鳥屋さんのメニューでよく見かけるには理由があります。

サクッとした歯ごたえと見た目とは裏腹なさっぱり感。…お酒との相性が抜群なんです!酒好きなワタクシは、夢中になってサクサクッと食べてしまいます。口の中に少し残る柔らかな脂をビールなんかで体に流し込むのは最高です!!!(注:筆者の感想です)

もちろんお酒だけでなく、サイダー等の炭酸水でも相性はばっちりだと思います。シュワシュワした飲み物が合うんじゃないかと個人的には思っています。

美味しい食べ方

トントロの調理例

美味しい食べ方の王道は焼く事。これに尽きます。薄切りにして焼くのが一番おすすめです。ラーメン屋さんのチャーシューのようなカットの仕方が一番おすすめです。

素材の味を楽しむのであれば、塩コショウで焼くのが一番です。濃厚な味付けであれば、甘口ダレにつけたり塩ダレで焼いて召し上がってください。

焼いたトントロをアツアツのごはんに乗せてどんぶりにしてもとっても美味しいですよ!サクサクの食感とさっぱりした後味とほかほかのごはん。白いご飯がすすみます。そしてお酒も…笑

バーベキューシーンでも大活躍すること間違えありません。脂身に火がつきやすいので、網で焼くときは端っこに寄せて焼くことがおすすめですよ。端っこは火力が弱めですので、焦げずに焼くことが出来ます。

国産品か?外国産か?

トントロ(豚トロ)にも国産と外国産があります。国産の方がお値段は高めです。外国産の方がお値段はお手頃です。一般的には国産の方が脂に甘みがあると言われています。昨日ご紹介させていただいた和豚もちぶたのように、国産の豚さんたちはよりきめ細かい手間とストレスをなくすための環境づくりが行われています。そのため、外国産よりも甘みがでるのだと思います。味の付け方によっては、国産、外国産と使い分けるといいかもしれませんね!

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top