煮込みにサイコー 牛スネ肉

 楽しみ方もいろいろ

肉は焼くのが一番いいとか炙ったりするのも美味しいなんて、いろいろな食べ方が世の中にはあるかと思います。焼いたら固くなってしまうのですが、煮込みに適している肉の部位もあるんです。人にも得意不得意があるように、お肉の部位にも向いている料理や向いていない料理があるんですね。

牛スネはその名の通り、スネの部分です。前スネと後ろ足のスネをトモスネなんて呼んだりします。スジが入り組んでいますので、固そうに見える見た目でも、良く動かす筋肉なのでうま味成分がとっても強いのです。スジがあるので、焼くと縮んでしまって固くなる性質なのですが、逆に煮込むことでトロトロに柔らかくなるのですが、形が崩れにくいという特徴があるんです。いろんな部位を上手に使いまわせば、お肉と向き合ってより美味しい食べ方を発見することができます!

冒険の可能性を感じ、わくわくしませんか?私だけでしょうか?笑

もう一つの楽しみ方。上級者向けの楽しみ方

スネ肉をひき肉にしちゃうんです!あれ?もうご存じでしたか?

これはお肉屋さんあるあるなんですが、塊のお肉としてはスジが多くて固いのですが、うま味成分が強いことを有効活用して、ひき肉として挽いちゃうんです。

脂身と赤身がよく混ざって、満足感の高い肉質を楽しむことが出来ます。フードプロセッサー等で粗目に挽いたり、包丁で小さめに切ってゴロゴロの肉感を楽しんでみてくださいね。そんなひき肉で作るハンバーグは、ハンバーグステーキとしてその歯ごたえを贅沢に楽しむこともできるんですよ。肉屋の父がよく言っていました。

魅力はまだまだ…!

うま味成分が強いことを繰り返しお伝えしてきましたが、スネの魅力はまだあります。塊のお肉はどうしてもお値段が高めになりますよね。

しかしどうでしょう!すね肉はローストビーフ用にされるモモ肉に比べてもお値段がお安めなのです。お値段が高めのモモ肉を煮込むよりも、少しお財布にも優しいすね肉で煮込めば同じ値段でもっと量を賄うことができます。形も崩れにくいので、料理が出来上がった見た目もばっちり魅力的になっちゃいます!

ビーフシチューにいかがでしょう?

ご馳走感が得られるもの。ビーフシチューなんていかがでしょうか?

ご参考までに、4人分のシチューのレシピをご紹介させていただきます。

ビーフシチュー調理例
  • 牛スネ肉 300g
  • 玉ねぎ 1
  • じゃがいも 1
  • デミグラスソース 1
  • トマトケチャップ 大さじ1
  • 赤ワイン 100ml
  • 300ml
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 適量
  • バター 15g

1.野菜は食べやすい大きさにカットします。スネ肉も一口サイズに切って塩コショウをふって、下味をつけます。

2.底が厚めの鍋にバターを熱して、スネ肉に焼き色がつくまで炒めます。

3.次にたまねぎと人参を入れて、たまねぎがしんなりするまで中火で炒めます。

4.赤ワインと水を加えて煮込みます。時々アクをとりながら蓋をして弱火で1時間半位コトコト煮込みます。牛スネマジックはここから。煮込めば煮込むほど美味しくなります!

5. じゃがいもとデミグラスソースとケチャップを加えて、蓋をして20分煮込みます。じゃがいもが柔らかくなるまで煮込んでください。

6.出来上がったら、お皿に盛りつけます。盛り付けるときにサッと生クリームをかければより見栄えがして、コクのある一品の出来上がりです。

牛スネってどこで買えるの?

スーパーさんだとよくシチュー用とかカレー用として売られています。是非プチご馳走料理のビーフシチューにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?実はカレーにしてもコクがでて美味しくなりますよ~!

 

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top