チャーシューにするとおいしい豚肩ロース

豚肉の部位のきほん

豚肉は一般的にどこを食べても味にそんなに変わらないと言われています‥‥が!!そんなことはありません。よく動かす筋肉があったり、そうではない部位があったり。部位によっては、赤身が強くでたり、脂身が多かったり。それは様々な違いが生まれてきます。

豚肉には様々な部位があるんです。よく知られた部位から順番に書き出してみました。

  • 肩ロース
  • ロース
  • ヒレ
  • バラ
  • モモ
  • スネ
  • スペアリブ(あばらの下側の骨付きのお肉)
  • カシラ(コメカミからホホの部分)
  • トントロ(ネック)
  • ハラミ
  • ランプ(ロースのお尻側からモモの間のお肉)

よく知られている部位からあんまり聞いたことないような部位まで様々ですね。

 

肩ロースのかたまりはこんな感じです

肩ロースのかたまりはこんな感じです

豚肩ロースの特長

肩ロースは、肩に位置しています。よく動く筋肉がありますので、赤身にはうま味が強く、食感も同時に楽しむことができます。ロースよりも脂身が多く、うま味もコクが濃厚で牛肉にも劣らないと言われています。赤身はロースよりも少し固めですので、食感を存分に楽しむことが出来ます。脂身も網目状になっていることが多く、濃厚な味付けをする料理との相性がいいと言われています。そのためよくステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きにも使われたりします。

ロースと肩ロースのカロリーって

豚肉は良質なたんぱく質と必須アミノ酸と呼ばれる栄養素がバランスよく入っています。ビタミンも豊富で、ダイエットされている方でも是非摂取していただきたいお肉です。

よく食べられるロースと肩ロースのカロリーはどちらが少ないのでしょうか?

  • 脂付きロース:291kcal 100gあたり)
  • 肩ロース:256kcal100gあたり)

肩ロースの方が少ないんですね!

肩ロースのおすすめ料理

肩ロースのチャーシュー

肩ロースのチャーシュー

肩ロースをチャーシューにするとおすすめです!ラーメン屋さんではバラ肉をタコ糸で巻いて作るチャーシューが主流でしたが、最近は肩ロースで作るチャーシューもだいぶ増えました。形が崩れにくいことや、濃厚なたれとの相性がいいからかもしれません。

お酒を吞むときのおつまみとしても根強い人気のチャーシュー。様々なレシピが世の中に出回っています。おすすめの簡単レシピをご紹介します。

【材料】

  • 豚肩ロース 300g
  • 塩・コショウ 適量
  • 水 お肉がひたひたにつかる程度
  • ☆醤油 50cc
  • ☆みりん 大さじ1杯
  • ☆はちみつ 大さじ1杯
  • ☆チューブのショウガ 4センチ位
  1. 豚肩ロースに塩・コショウを全体にふっておきます。
  2. ちょっと深めのフライパンで表面に焼き目を入れます。すべての面に焼き色を入れてください。
  3. 水と☆の調味料をそのままフライパンに入れて、落としフタをして弱火で20分煮込みます。
  4. 20分経ったら、今度はひっくり返して、落としフタをしてまた弱火で20分煮込みます。
  5. 冷やすと味がしみ込んでいきます。

これだけの手順です。とても簡単ではありませんか?作っておけば、お弁当やおつまみ、チャーシュー丼にもなります。作り置きの一品としておすすめのお品物です!

是非お試しくださいね!

 

ご登録いただきありがとうございます!
このメールアドレスは既に登録されています
ico-collapse
0
最近チェックした品物
Top
ic-expand
ic-cross-line-top